戻る

▲購入直後の様子。この画像、何度見てもドキドキする(笑)。

昆虫商より購入。値段は覚悟してたよりずっと安かったので、在庫のオス1匹、メス4匹を買い占めた。

最近になって随分値段がこなれてきたけど、当時の日本で恐ろしい高値をつけてるショップには「ザマミロ!m9(^Д^)」と何か勝ったような気分が、また、そんな値段で買わされてる同好の士には「申し訳ない(´Д`;)」という罪悪感が購入当初はしたものである。

まっこと、自分は人間が小さいね(苦笑)。

▲購入当初から、あんまりコンディションがよくなかったオス,。

▲ピンセットでちぎったツユムシを食べさせてるところ。


いくら何でもこれだけ数が揃えばブリーディングに成功するだろうと楽観するも、翌日には早くもオスが死亡…。

オスの死亡に少し凹むが、メスはどれも状態が良いので、気を取り直して持ち腹に期待して飼育を開始した。

▲色々頑張ってはみたけれど…。

▲唯一産んでくれた卵。どう見ても無精卵です。本当にありがとうございました。

▲飼育2ヶ月でこんな姿に…。

自分はキノカワカマキリの飼育が下手っぴなのだが、このケンランカマキリはキノカワカマキリよりもさらにキノカワ的で、実に敏感で落ち着きが無く、結局、自分の手に余った。

元が美しかった分、日に日にボロっちくなっていく姿を見るのはなかなか辛く、迫るタイムリミットに焦燥感が募るばかりのあまり楽しくない飼育だった。

次はもう少し肩の力を抜いて飼育に臨みたい。